FC2ブログ

ガス欠ブログ@30000ft

ふゅ~るびんごの日記帳です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSC_0935.jpg


新しいフライトシムを買ったらDVD8間組みでした・・・。
昔のDOSプログラム状態・・・
ブルーレイという選択肢は無かったのでしょうか・・・?

で、インストール中暇なので宇宙戦艦ヤマトのリメイク作品についてブログ更新。


最近、なんとなく本屋で手にしたホビー雑誌にヤマトやガミラス艦のジオラマが載ってました。
懐かしいなぁ~とページをめくっていって、はじめてリメイクのことを知りました。
実写版や復活編と同じ頃に企画されていたようですがまったく知りませんでしたw

実写版はともかく、復活編がアレだったのでまったく期待しませんでしたが
レンタル5本セットの穴を埋めるため1,2,4巻を借りました(3だけ無かったw)。

結果から言うと


ヤバイ。面白い。


もともと物語として成功したシナリオなので面白いのは当然なのですが
あらすじを知っているのに新鮮な気分で楽しめたのは意外でした。

シナリオについては大筋はそのままなのですが
細かいところにかなり手が入っていて別物に近い印象です。
一応ヤマト計画は国連主導の計画で日本だけのものではなかったり、
ヤマト計画の前に移住計画のイズモ計画(よりによって出雲w)が計画されていて
この名前が出るシーンは大体意味深な場面だったり、
森雪の記憶喪失とユリーシャの関係が重大な意味を持っていそうだったり、
対ガミラス開戦の真実が語られていたり、
自動航行装置の正体(?)について描かれそうだったり、
真田さんに眉毛が描かれていたり・・・etc
旧作の直球勝負的な良い所を残して、今風のアニメで変化球を加えた感じです。

作画のほうは旧作とはやはり別物ですね。。。
でも、復活編みたいな、いかにもCGといった感じではなく
メカ描写や爆煙が細かく描かれていてよかったです。
人物はいかにも現代アニメといった感じですが、
沖田艦長をはじめ徳川機関長、佐渡先生といった面々が
旧作の雰囲気を残していているので変な違和感は無かったです。

逆に効果音が旧作と同じものなので、ヤマトらしさが強調されてるのかも。
ガミラス本星や冥王星基地の、いかにもって感じの音を残したのはgoodです。

リアリティもかなり重視されていて、旧作特有の第三艦橋を1話にして復活させる
ウルトラC修理は流石に無くなっていました。
そして、艦橋内のやり取りが現実的というか、かなり海自風になっています。
例えば2000を「ふたせん」と呼んだり、1佐、1尉という階級があったり・・・
特に地球防衛艦隊クルーは見た目も顕著です。



あ、インストール終わった。



長々書きましたが
簡単に長々書けるほど中身の濃い作品でよかったです。

いま4巻まで見て、特に最後の14話で大幅に謎が深まったところですが
都合よく、今週5巻が発売のようです。いよいよドメル艦隊との決戦でしょうか。

つづく

ps
個人的には新作オリジナルストーリーの第9話「時計仕掛けの虜囚」がよかったです。
ロボットに意思・魂は宿るのか?
鹵獲したガミラスのロボット兵とアナライザーによるSF全開の哲学的なストーリーです。
あと、細かいところでは着艦事故のところで榎本掌帆長が部下2名を怒鳴りつけるのですが
設備屋として考えさせられる場面でしたね~。
スポンサーサイト
表彰式が終わった後はコースウォークに行ってきました。

ピット前からヘアピンまで歩くことが出来ました。
DSC_0895.jpg

↑1コーナーのブレーキングポイント付近。
ラバーが乗ってて路面が粘粘でした。糊の上を歩く感じです。
歩いて分かるくらい粘粘になるとは思ってませんでした。

DSC_0902.jpg

↑ゲームでいつもコースオフする100R。。。

DSC_0923.jpg

まだ駐車場が渋滞してそうだったので、チームの撤収でも観て回ることに。

このCR-Zを観ながら形だけCR-Zだろうとしゃべっていると
近くにいたチームスタッフが屋根純正と教えてくれました。

なるほど屋根ぐらいしか残ってないとw


他にも色々ありましたが、とりあえずGT観戦終了
はじめてまともな天候で観戦できました。

来年は・・・でも遠い・・・
決勝日も朝から晴れました。
二日間晴れとは奇跡。

この日は静岡の友人と合流して観戦しました。
スマホの電池残量がきわどい上に電波が悪くて通話できない状況だったので、合流できないかと思いましたが何とか合流。

とりあえず、内側の観戦ポイントを歩きながら回ってみました。
DSC_7171.jpg

DSC_7087.jpg

DSC_7115.jpg

DSC_7091.jpg

DSC_7067.jpg

↑まずは1コーナーから2コーナー。
斜面を利用してフェンスクリア。
序盤は団子状態ですから見ている方が面白いですね。
意外とアクシデント無し。

DSC_7191.jpg

↑コカコーラコーナー立ち上がり。
近くで見ると鬼のようなスピードで抜けていきます。

DSC_7506.jpg

DSC_7450.jpg

↑コカコーラコーナーの先の直線。
人が多くて場所撮りが大変でした。

DSC_7383.jpg

↑ヘアピン進入を後ろから
ここでD5000を斜面に置き忘れるハプニング。
300R付近まで歩いてから気づいたので取りに帰りました。
取りに帰るとちゃんと芝生に鎮座していました。
日本でよかったw

DSC_7545.jpg

DSC_7595.jpg

↑ダンロップの先の11~12コーナーあたり
ホワイトバランス晴天日陰で夕方っぽく。。。

DSC_7602.jpg

↑プリウスコーナー立ち上がり。
光線が横に近くて思った写真にならず・・・。

DSC_7711_20130505104552.jpg

DSC_7683.jpg

DSC_7739.jpg

DSC_7722.jpg

↑プリウスコーナー進入
ここも人が多かったです。

ここまで歩いたところで残り20ラップ程度だったので表彰台付近へ移動。
3時間ぐらいレースするので途中暇になるかと思いましたが、意外と丁度良かったです。

DSC_7782.jpg

↑GT500はトヨタ勢が表彰台独占でしたね。
GT300もプリウス(中身は別物)が勝ってるので、完全にトヨタデーでした。

シャンパンファイト後の表彰台下は強烈に酒臭かったですw

つづく?

GWも後半戦となりましたが、
前半でSuperGT第2戦を見に行ってきました。

通算4回目の富士となりました。
遠いので行くつもりは無かったのですが
今まで全て悪天候だったので、1度くらいは晴れの富士に行っておこうと言うことになりました。

DSC_0794.jpg

見事に雲一つ無い富士山です。

予選日は午前中にネットで調べた撮影ポイント巡り。
予想通りの場所もあれば、思ったほどでも無かったり・・・。
やっぱり、全体的に遠いのでフェンスクリアが難しいですね。
DSC_5571.jpg

ダンロップ立ち上がり。

DSC_5332.jpg

プリウスコーナー立ち上がり。

とりあえず、コースを一周して午前は終了。
午後は予選を観戦。JAF-GT勢が速かったですね。


あと、イベント広場のnismoブースでコックピットライドに参加してきました。
岡山の時は08年か09年のGT-Rでしたが、先着順に間に合わず・・・。
でもって今回リベンジしたわけですがマシンがリーフRCでした・・・。
DSC_5132.jpg

とはいっても、原型を全く留めていないのはGTマシンと同じで、とにかく乗り降りしにくい。
サイドシル(と言うかカーボン製の壁)がノートパソコンの幅くらいあって、それを乗り越えるのに一苦労。
乗り越えたら、座面がそこから20cmくらい下にあるので身体ごと落ちる感じで着席。
シートは市販のフルバケよりちょっと窮屈でした。そして前が見えない。。。
ていうかペダル近すぎ!

降りるときは逆の手順ですが、身体を20cm持ち上げてなんとか脚とか尻をサイドシル上に持って行きます。
体育座りから腕力だけで身体を持ち上げる感じです。
ついでに言うとこの車左ハンドルなので、全てが逆。よけいに乗りにくかったです。。。

つづく?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。